おすすめレンタルサーバー

【違いは?】ConoHa WINGとロリポップを7つの項目で徹底比較

ConoHa WINGとロリポップ、2社ともGMOグループが運営するレンタルサーバー・サービスとなります。

ConoHa WINGは2018年に誕生した比較的新しいレンタルサーバーですが、表示速度の速さは業界内でも1・2を争うほどの評価があり、人気のレンタルサーバーです。

ロリポップは業界内でも老舗のレンタルサーバーです。業界内でも断トツ安さを誇り、人気度が高いのが特徴です。

この記事では、あらゆる角度から7つの項目ごとに、2社のレンタルサーバーを比較していきます。実際に使った人の感想も載せているので、ぜひ、参考にしてみてください。

この記事に最後まで目を通していただければ、2社のレンタルサーバー会社について詳しくなり、判断材料としてお役に立てること間違いありません。

【結論】各レンタルサーバーがおすすめな人

ConoHa WINGとロリポップ、2社とも低価格で独自ドメインを使用できる、Word Pressの簡単インストールが利用できるなど、共通点が多くみられます。

ConoHa WINGがおすすめな人

WINGパックを契約すると、2つの独自ドメインを永久無料で使用できます。安定性も高く、稼働率は99.99%以上を誇ります。なかでも、表示速度の速さには定評があり、本格的にサイト運営したい人にとっても満足度の高いレンタルサーバーです。

また、ConoHa WINGは上級者だけでなく、初心者向きともいえます。シンプルな管理画面は、アカウントとサーバーの管理機能を一つに統合し、使いやすいと定評があります。

WordPressに特化した機能も充実しており、WordPressの簡単インストールWordPressかんたん移行もコントロールパネルを利用したり、ワンクリックで完了できるなど、初心者向きにもやさしい設定となっています。

ロリポップがおすすめな人

月額99円〜利用できるので、断トツの安さが魅力です。「とにかく安い」という理由で選ばれることの多いレンタルサーバーです。ベーシックプラン以上を契約すれば、安定性はほぼ保証されます。

口コミをみると、下位プランでは表示に時間がかかる、動作が重い、といった気になる評価もあります。10日間のお試し期間中は、ベーシックプラン以上の使用をお勧めします。(ただし、更新時はご注意ください)

WordPressの簡単インストールは、ライトプラン以上で利用が可能となっています。独自ドメインの設定に関しては、まずは独自ドメインを取得する必要があります。ロリポップではムームードメインをお勧めしています。

ただし、ムームードメインでの設定が比較的難しいので、中級者以上の方にお勧めです。

【表で比較】ConoHa WINGとロリポップのサービスの違い

2社の比較を7つの項目別に評価してまとめました!

ConoHa WING ロリポップ
1.利用料金
2.サポートの品質 ×
3.利用範囲や制限
4.使いやすさ
5.セキュリティ
6.認知度、ブランド
7.口コミ ×

それでは、各項目ごとに詳しく解説していきます。

ConoHa WINGとロリポップを7つのポイントで徹底比較

1. 利用料金

会社名 コース 初期費用 1か月 3か月 6か月 12か月 24か月 36か月
ConoHa WING ベーシック 0円 1,331円 1,210円 941円 889円 687円
スタンダード 0円 2,783円 2,602円 2,360円 2,239円 2,118円
プレミアム 0円 5,566円 5,203円 4,719円 4,477円 4,235円
ロリポップ エコノミー 0円 198円 198円 198円 198円 198円 99円
ライト 0円 550円 495円 462円 418円 352円 220円
ベーシック 0円 1,430円 1,320円 1,210円 990円 935円 550円
エンタープライズ 0円 2,640円 2,640円 2,420円 2,365円 2,255円 2,200円

※ConoHa WINGは「WINGパック」の料金表になります。

ConoHa WINGのWINGパックは、レンタルサーバーと独自ドメインがセットになっています。長期利用割引で、通常料金より最大52%オフと大変お得になっています。

月額687円から、好きな独自ドメインを2つまで永久無料で利用できる点も魅力とあって、メリットだらけのお得パックとなっています。

一方、デメリットまたは注意点を挙げていきましょう。
1)契約月数の途中で解約ができない。
2)前払いの必要があり、途中解約や返金してもらうことができない。

以上から、使った分だけ払いたい、もしくは無駄なコストをなくしたいと考えている方には「通常」の利用をお勧めします。

「ConoHa WING通常」では、1時間単位の料金体系となります。
例えば、ベーシックプランであれば1時間2.5円から使用でき、どれだけ使用しても1か月最大1,452円で利用できることになります。使った分だけなので、月の途中から利用しても無駄なコストは発生しません。

ConoHa WING通常 ベーシック 2.5円/時
スタンダード 4.9円/時
プレミアム 9.7円/時

料金体系では、利用のしやすさ・コスト面だけでみると、ロリポップに軍配が上がります。
エコノミーコースを3年契約すると月額99円!と破格の料金です。

※ お試し期間について

ConoHa WING
お試し期間はありませんが、WINGパックでは料金の発生が翌月分からなので、申込みをした初月は実質無料になります。

月初に申込をすれば、最大31日間無料で利用できることになります。

ロリポップ
10日間の無料お試し期間があります。

2. サポートの品質

項目 ConoHa WING ロリポップ
サポート 大きく分けて3項目になります。

・利用サービスごと
・契約・支払ガイド
・よくある質問

上記で解決できない場合は、
お問い合わせフォーム
チャットでの問い合わせ
が利用できます。

電話・チャットは
平日10:00~18:00のみ

お問い合わせフォームは
365日24時間可能です。

お問い合わせは3通りになります。

・お問い合わせフォーム(24時間)
・チャットサポート
(平日9:30~13:00、14:00~17:30)
・電話サポート(平日10:00~18:00)

代行サービス
・設定おまかせサポート
・定額ホームページ制作代行
・ホームページ制作代行サービス
※別途料金発生

スキルアップ
・レンタルサーバー
・テクニカルスクール

マニュアル シンプルな画面で見やすくて分かりやすいです。画面表示に従えば大概は設定できそうです。 画面表示が見えづらく、分かりづらいと感じます。理解できない時は動画サポートが頼りになりそうです。

2社とも電話・チャットサポートを用意していますが、いずれも平日のみ対応となっています。よって、土日に万が一のトラブルが発生した場合は、自力で対応するか、サポートがつながるまで気長に待つ必要があります。

ConoHa WINGのマニュアル画面は非常にシンプルで見やすいのが評価できます。画面通りに進めていけば、「何とかできそう」と思わせてくれます。

ロリポップでは動画マニュアルも用意されています。

ロリポップでは、「どうしてもできない」と悩む方には「代行サービス」もあります。別途料金が発生するので、できれば自分で作成する楽しさを感じながら進めていきたいですね。

尚、ロリポップでは、初心者から上級者まで勉強になる、レンタルサーバーとテクニカルサポートについて学習できるコーナーもお勧めです。

3.利用範囲や制限(ジャンル、ドメイン数など)

ConoHa WING ロリポップ
ベーシック スタンダード プレミアム エコノミー ライト ベーシック エンタープライズ
ディスク容量 SSD300GB SSD400GB SSD500GB 100GB 200GB 400GB 1.2TB
ファイル容量 70GB 160GB 350GB 1TB
転送量 無制限 無制限
ドメイン 無制限
独自ドメイン 50 100 無制限 無制限
メール
アドレス
無制限
ドメインの
メール
アドレス



10
独自ドメインのメールアドレス


ドメイン毎に20 無制限 無制限 無制限
FTPアカウント 無制限
1

2社のレンタルサーバー、いずれも機能的には申し分ありません。ディスク容量にしても、動画も問題なく対応できるレベルです。

ConoHa WINGでは、独自ドメインがセットなので、独自ドメインにこだわる場合であればConoHa WINGに軍配が上がります。

FTPアカウントを比較すると、ロリポップでは1つしか対応していないので、不安材料が残るところではあります。

4. 使いやすさ

ConoHa WING

・表示速度の速さでは定評があり、ストレスフリーで使用できます。
・コントロールパネルが使いやすく、設定が簡単なので初心者向きです。
・自動バックアップ機能も標準で搭載されています。
・表示速度が速い理由としては、nginx(エンジンエックス)というソフトを採用しているためです。同時に大量アクセスの負荷がかかっても高速に処理ができる優れものです。

ロリポップ

・WordPressの簡単インストールが便利。(エコノミーコースでは使用不可)
・ドメインの設定が分かりづらい(ムームードメインの登録が必要
・ベーシックプラン・エンタープライズプラン限定で、自動バックアップができます。
・ベーシックプラン以上では、LiteSpeed Cacheを導入(webサーバーで利用できるキャッシュ機能)することによって、ページの読み込み時間を大幅に短縮できます。

5. セキュリティ

ConoHa WING

分類 種類 特徴 料金 サイトシール
無料独自SSL 無料独自SSL証明書「Let’s Encrypt」 ワンクリック操作で手軽に導入。 無料
グローバルサイン社が提供するアルファSSL 年6,600円相当のSSLが永久無料で使用できます。 無料
オプション独自SSL クイック認証SSL 個人利用も可能なサイトシール付きSSL。 2,200円/月
企業認証SSL 企業の実在性を証明し、サイトの信頼感を高めます。 58,080円/年
EV SSL アドレスバーが緑色表示される世界最高基準のSSLです。 12,980円/年

ConoHa WINGの独自SSLについてはこちらから

ロリポップ

分類 種類 特徴 料金 サイトシール
無料独自SSL ドメイン認証 複数のサブドメインもまとめて暗号化できます。 無料
独自SSL(PRO) クイック認証SSL 暗号化通信 2,200円~/月
企業認証SSL 暗号化通信、企業実在証明、2way(※1) 65,780円~/月
EV SSL 暗号化通信、物理的な企業実在証明、運営組織表示の緑のアドレスバー、2way(※1) 140,800円~/月

※1.2wayとは、「www.」で始まるドメインで証明書を申し込んだ際に、希望により「www.」が付かないドメインへのアクセスにも証明書を利用できる仕組みのことをいいます。よって、1つの証明書で2つのURLをSSLに対応させることが可能になります。

ロリポップの独自SSLについてはこちらから

6. 認知度、ブランド

ConoHa WING

運営会社はGMOインターネットグループ株式会社です。1995年にインターネット事業を開始して以来、インターネットに関連する様々な事業サービスを展開している大手企業です。

ConoHa WINGレンタルサーバーは2018年9月にサービスを開始している、比較的新しいサーバーになります。

ロリポップ

運営会社はGMOペパボ株式会社です。ConoHa WINGの運営会社とはグループ会社になります。前身は合資会社マダメ企画となり、個人向けホスティングサービスを主要業務として開始しています。

ロリポップは2001年11月にサービスを開始しています。業界内においては老舗となります。これまで200万サイト以上の開設と170万人以上のユーザーに利用されている実績を誇ります。

 7. 口コミ

2社に対する口コミをリサーチして[ 料金・サポート・使用感 ] ごとに簡潔にまとめてみました。

ConoHa WING

料金 ・ドメイン代が無料なのが嬉しい。
サポート ・対応が悪い。
・不親切極まりない。
・障害が起きた時のサポートが機能しない。
使用感 ・スピードが速い。
・Word Pressの利用が簡単。

簡単にまとめると上記の表のようになりますが、それよりも気になるのが、契約や更新の際の口コミの内容でした。代表的な例を挙げてみます。

・契約の1か月前に自動更新される。
・自動更新当日に連絡してもキャンセルと返金はできないの一点張り。
・解約もどこからしたらいいか分からず、問い合わせ先に中々たどり着けない。

上記の内容については、サポートページや利用規約をよく読めば理解できることが分かります。一部を抜粋すると・・・

ここにタイトルを入力

下記日程にてConoHaアカウントに登録されているメールアドレス宛にご連絡いたします。
・1回目:自動更新日2か月前
・2回目:自動更新日45日前
自動更新については更新期限日30日前以降はできかねるものとなり、31日前時点で更新が完了しなかった場合についてもご連絡いたします。

自動更新のキャンセルはできますか?

更新完了後のキャンセルはできません。なお、自動更新を今後ご希望されない場合は、自動更新を[OFF]に設定してください。

ドメインの更新をする|ConoHa WINGサポート
↑ こちらから自動更新の解除方法が紹介されています。

以上から、契約前にはサポートページや利用規約に目を通すことをお勧めいたします。
とはいっても、利用規約って細かくて文章も長くて、面倒になりますよね。
しかし、自分の身を守るためにも頑張りましょう。

ロリポップ

料金 ・10日間無料じゃなかった!
・料金が安く、学生の財布にも優しい。
サポート ・サポートが最悪。
・チャットサポートが便利。
・カスタマーサポートがいい加減。
使用感 ・スピードが遅い。
・ロリポップFTPが便利。
・ブラウザ上のロリポップFTPから簡単に更新ができる。

ロリポップでも気になる口コミの内容があったので、一部を抜粋します。

・返金してくれない。
・お試し10日間じゃない!
・お試し7日目にクレジット引き落とし手続きがされていた。

まずは、お試し期間についてですが、利用規約を一部を抜粋します。

第7条 (お試し期間)

ユーザーは、お試し期間終了後も、本サービス利用の継続を希望する場合には、当社が別途通知する支払期日までに、所定のサービス利用料金を支払うものとします。

ユーザーが、お試し期間の満了日までに、前項に従いサービス利用料金を支払わないときは、当社は、当該お試し期間の満了日をもって、本サービスの利用契約を解除するものとします。

お試し期間について触れている口コミについては、後の章で引用させていただきます。

その他、利用の継続について、ユーザーによる解約、有効期間について触れている利用規約の内容もありますが、「当社が支払いを確認した時点で」とか、「別途当社が定める日まで」といった表現がされています。

要するに、具体的に「○○日前」など、はっきりした日付指定がない印象もあるので、不安な人はクレジットカードの情報を登録しないほうが無難です。

【口コミ・評判は?】利用者の体験談をまとめてみました!

ConoHa WINGの口コミ・体験談

サポートの対応が…(★☆☆☆☆)

サポート対応が悪い…。不親切極まりないなぁと感じることが多い。
以前はエックスサーバーを使っていたが、エックスサーバーのサポートはめちゃくちゃレベルが高かったんだなと、ものすごく後悔している。

サポートに問い合わせるときは、本当に困っている時だったり、緊急のときだと思うのですが、その時にサポートが全然役に立たなくて、結局は、ココナラなどで詳しい人にお金を払って解決することが何度かありました。

サーバー利用料は他のところより数百円安いかもしれませんが、緊急時にサポートが機能していないので、トータルでは「嫌な思いをする」+「費用は高くつく」ので、個人的には、他の方にはおすすめしないです。
引用:みん評

 

ありえない契約形態と対応(★☆☆☆☆)

なぜか契約の1ヶ月前に自動更新される。
契約更新と引き落としの時間は明記されておらず、そこまでに来るメールも1通だけ
それを自動更新当日に連絡してもキャンセルと返金はなぜか出来ないの一点張りでした。
1年契約の契約すら解約しようともできない、あまりにもお金儲けに汚い会社だなと思いました。
引用:みん評

 

自動更新注意。1日でも過ぎたら使わなくても1年間分払わないといけない(★☆☆☆☆)

自動更新には注意です。月々安いと思って1年間契約プランにすると、期限が来ないと自動更新オフにできないと感じました。このまま忘れて満了→自動更新→また1年間使わなくても払わないといけなくなる。月割での返金なし。利用規約をみなさんはよく読んで登録されたほうがいいと思います。
引用:みん評

 

「.com」ドメイン名が無料でWordPressの利用も簡単!(★★★★☆)

「.com」ドメイン名を無料で取得、しかも更新まで無料でConoHaWINGに決めて良かったと思っています。
WordPressをつかってブログを始めようとレンタルサーバーを探していました。ブログを読んでもらえるために「ドメイン名がメジャー」「SSL化できること」が私の選定の基準です。
そのどちらもConoHa WINGではパック契約すれば無料で利用できると分かったので契約しました。WordPressの利用も簡単にセットアップできるサービスが提供されていて、初心者の私にもセットアップが簡単にできてしまったのです。

ようやくブログを書き始めて、来訪者数も少しずつですがアップしていると感じています。初期費用を抑えて「.com」ドメインのSSL化したブログ開設ができて良かったです。
引用:みん評

ロリポップの口コミ・体験談

安いのはありがたいが(★★☆☆☆ )
やすいのはありがたいけど、不具合が多くて、迷惑メールがフィルタリングしてない?ブラックリスト機能はありますが、ホワイトリスト機能が無いので、詐欺メールがバンバンきますよ。
ブラックリスト機能は、後手後手の対策、次々に違う件名(メールアドレス偽装して)来るから、その都度、拒否設定をするのは、機能としてどうなんだろう?って思う。やすいから仕方ないといえばそれまでだけどさ。
引用:みん評

 

ドメインの設定がわかりにくい。(★★☆☆☆ )
ムームードメインで購入してロリポップで設定。一見繋がっているように見えるが、初心者向けではない設定。マニュアル通りにいかず苦戦。
何年も改善が見られない印象。
引用:みん評

 

小規模サイトならいいかも(★★★☆☆)
あまり凝ったことをしないサイトなら良いんじゃないかと思います。チャットサポートがけっこう便利です。私はwordpressのデータをインポートしようとしたら何度も途中で止まったり、表示が遅いのも不満だったのでエックスサーバーに変更しました。エックスサーバーではサクサク動いています。
引用:みん評

 

無料お試し期間中の自動契約更新に注意して‼(★☆☆☆☆ )
ホームページを公開していたサーバーが閉鎖になるため、紹介されていたレンタルサーバーで、ロリポップの10日間お試しコースに登録する事にしました。

何とかかんとか登録手続きが完了し、データをアップロードをしようとしましたが、こちらの設定が悪いのか辿りつきません。
何度かトライしましたが上手く行きません。止むを得ず、他のレンタルサーバーに変えて、登録したところ、無事HPを公開出来ました。

ロリポップさんの登録の解除が頭にありましたが、お試し期間の終了までにすれば良いかと、のんびり構えていました。ところが、お試し期間の終了2日前に「自動契約更新の完了のお知らせ」のメールが届きました。

びっくりして、ロリポップさんにメールで問い合わせしたところ、こちらの登録申し込みの内容通りに契約更新の手続きをしており、お試し期間中の解約も料金返還も出来ませんとのことです。

思い返してみると、登録手続きの画面で、「契約の更新方法」と「クレジットカード決済」の選択項目があった事に思い至りました。
これを私は、お試し期間終了後の契約のことで、終了前に本契約の確認があるものと思い込み、気軽に選択をポッチとしてしまいました。
ところが、これがお試しから本契約へ自動更新へ誘導するものでした。

メールが届いて、慌ててマイページを確認しましたが、お試し期間終了の二日前にもかかわらず、「解除出来ません」のメッセージで、選択ボタンがロックされています。

何度かメールでやりとりしましたが、当方の申し込み内容に沿っており、注意事項も掲載しており、決まりに従っていますので、解約も料金返還も出来ません・・との回答でした。

当方の思い込みと注意不足なので、止むを得ませんが、お試し期間中にアップデートされてもいない空箱なのに、確認もしないで、「申し込み通りです!」・・と本契約に自動更新するのは、いかにも不親切ではないでしょうか?
私のような素人が犯すミスかも知れませんが、お試しを申し込む際はご注意下さい。
引用:みん評

よくある質問

支払方法は?

ConoHa WING

クレジットカード払い、ConoHaチャージとConoHaカードの3種類が選択できます。ConoHaチャージはあらかじめ利用料金分をチャージしておくことで決済できます。

ConoHaチャージ利用規約についてはこちらから

ConoHaカードは、カードに記載のクーポンコードをコントロールパネルに入力するだけで、購入金額分をサービス料金の支払いに利用できる、プリペイドカードです。

ロリポップ
●クレジット決済
・入金期限:入金締切日の15時30分まで
・入金確認:入金日(即日)~1日後
●コンビニ決済
・入金期限:入金締切日の13時まで
・入金確認:入金日(即日)~2日後
●おさいぽ!決済
・入金期限:入金締切日の15時30分まで
・入金確認:入金日(即日)~1日後
●銀行振込
・入金期限(窓口):入金締切日の13時30分まで
・入金期限(ATM):入金締切日の14時30分まで
・入金確認:入金日(即日)~2日後
●ゆうちょ振替
・入金期限:入金締切日の15時まで
・入金確認(電信払込み):入金日(即日)~2日後
・入金確認(通常払込み):入金日より3~5日後
●自動更新
・クレジット決済、おさいぽ!決済で設定できます。
※ずっと利用し続けることを考えれば安心ですが、解約したい時はご注意ください。

領収書を発行してもらうことはできますか?

ConoHa WING

領収書は発行していませんが、コントロールパネルより利用明細をPDF・Excel形式でダウンロードできます。

また、金融機関やコンビニなどの決済時に発行される控えや、クレジット会社が発行する利用明細・請求明細を領収書代わりとしています。

ロリポップ
金融機関およびコンビニより発行される控えや、クレジットカード会社が発行するカード利用明細書兼請求書が正式な領収書となります。

ただし、サーバー利用料金の領収書は、入金日から3か月以内であれば発行が可能です。ユーザー専用ページ>契約・お支払い>ご契約内容一覧…から発行手続きができます。

契約途中でプランの変更はできますか?

ConoHa WING
契約中のプランから上位プランへ変更する場合は、2プランの契約期間の残日数の日割額が差額で決済されます。尚、下位プランに変更の場合は返金がされません。

ロリポップ
お試し期間中(入金前)
→プラン変更が可能です。ベーシックプランやエンタープライズプランからライトプランなどへの下位プランへの変更が可能です。ただし、契約後(入金後)は下位プランへの変更ができなくなります。

本契約中(入金後)のプラン変更
→上位プランへのプラン変更のみ可能です。契約途中の場合は、残り契約期間が1か月以上あれば、残り契約期間分のプラン設定費用を支払うことで、上位プランに変更できます。残り契約期間が1か月未満の場合は、次の更新時のタイミングになります。

解約方法を教えて下さい

ConoHa WING
サーバー(WING)を削除します。WINGパックの場合は任意のタイミングでサーバーを削除することができません。自動更新をOFFにして契約満了日経過後に自動削除となります。

※WINGパックはデフォルトで自動更新が「ON」となっています。解約希望の場合は、契約自動更新日(契約満了日から30日前)までにOFFにする必要があります。

ロリポップ
ユーザー専用ページ内にある、ユーザー設定>アカウント情報…「解約をご希望の方はこちら」のリンクから解約手続きが行えます。

まとめ

今回は、ConoHa WINGとロリポップ2社のレンタルサーバーサービスを比較していきました。どちらもGMOグループ運営の利用実績のあるレンタルサーバーで、共通点も多いことが改めて分かりました。

簡単にまとめると…

ConoHa WING
WordPressの設定が簡単である。
ページの読み込み速度が速い。
独自ドメインが2つセットで利用できる(WINGパック)

コストパフォーマンス重視で初心者から上級者まで幅広くお勧めできる。

ロリポップ
月額99円から利用できる。
下位プランでは表示速度・動作に課題が残る。

よって、とにかく安さ重視の方へお勧め。

以上から、このような結論に至りました。ぜひこの記事を参考に、ConoHa WING、並びに、ロリポップのご利用を検討してみてください。